ぽち公の掲示板


警告
WARNING!! FOR ADULT ONLY.


本サイトは未成年に有害なコンテンツを含んでいます。
18歳未満の方は、御遠慮ください。

投稿欄へ業者等のPR外部リンク等が記載される場合がありますが、当サイトとは一切関係がありません。
発見し次第削除させて頂きますが、怪しいサイトへの接続には十分にご注意下さい。
また投稿時にメールアドレスを入力する際は、 フリーメールアドレスなどを利用することをお勧めします。

『管理人判断にて 削除orアクセス禁止 の事項』
個人情報の掲載、日本の法律・条例に反する書き込み、暴言や荒らし行為

投稿内容に関しては投稿者が責任を負うものとし、投稿する方は、それを了承したとみなします。

※本文が英数字のみだと書き込みができないようです。
一文字でも大丈夫ですので本文に日本語を入力してから書き込んでください。



3193366

聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/07 (Fri) 22:18:57

過去スレ
http://pochikou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=11617599

99だったので新たに立てました。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/07 (Fri) 22:41:29

今日は七夕でしたが台風の射程内だったので生憎の曇天でした。
 
ルゥ「七夕か…一昨年は願いが叶ってみんなとも仲良くなれたし去年はイヴとリースの三人で星を眺めてたっけ」
琴音「何気に楽しんどるやん、仮にもサンタがそれでいいのか疑問やけどな」
ルゥ「いいじゃないか、クリスマス以外は『普通の女の子』でいたって」
琴音「それもそうやな、ところでルゥは七夕の言い伝えって知ってるぅ?」
ルゥ「ああ、年に一度しか会えないという…『ぼく』だったら確実に耐えられないね、確か彦星と…清姫だっけ?」
琴音「ナンデヤネン! 織姫やオ・リ・ヒ・メ! 彦星様をシューマイにしてどないすんねん!」
ルゥ「あれぇ? どこで間違えたんだろう...シュウマイ?」
ちなみにFATEGOは未プレイです。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/07 (Fri) 22:45:36

一昨年の七夕

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/07 (Fri) 22:46:05

そして去年がこちら

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/10 (Mon) 20:50:00

本当は7日に投稿するはずだったシナリオ

イヴ「もうすぐ七夕だね」
ベル「さ~て『ブービーでいいから次の人気投票では最下位を脱出できますように』とでも書きますかね」
イヴ「ベルちゃん、もうちょっと前向きにいこうよ、今度はきっと大丈夫だって」
リース「…。」
ルゥ「リース? さっきから静かだけどどうしたんだい?」
ベル「そういやこのところ憂鬱そうな顔してるよな」
リース「うん、実は…」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/11 (Tue) 08:24:55

リース「…実は…昨日から母乳が止まらなくて…」

ルゥ「…え?」
ベル「ゴメンチョットナニイッテルカワカンナイ」
イヴ「え、またなの?!」
ベル「またってなに、前にも出たことあったのか!」
イヴ「うん、ルゥちゃんと出会う前だから結構昔かも」

その昔↓
http://pochi.lix.jp/joyful/joyful.cgi?read=1027

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/11 (Tue) 20:06:36

ルゥ「そういえば…気になったんだけどリースっていつ頃からそんな大きさに?」
イヴ「入学したときにはもう大きかったよね」
ベル「しかもクラスで唯一ブラ着用してたから身体測定でちょっとした騒ぎにもなったぜ」
リース「////」

入学時の写真をどこからともなく取り出す

イヴ「ほらこれ、水着買いに行ったらリースちゃんに合うサイズがなくてスク水だったんだよね」
リース「なんで持ってるの!?」
ルゥ「二人ともカワイイ…」(*´Д`)ほっこり
ベル「なんで真ん中の美少女をスルーするだ」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/11 (Tue) 23:36:13

ベル「しかしなんで急に出るようになったのか」
リース「不定期だけど夏によく出るの、原因は今もわからなくて…」
ルゥ「いつ頃から大きくなかったの?」
イヴ「なにか症状はないの? 吐き気とか貧血とか」
リース「うーん…たしか七夕の翌日からだったかな、起きたらママより大きくなってて、胸が熱くなったり重くなったりして…
それからしばらくは激しく動くと出る時期が続いたの」
イヴ「体育の後すごい汗だくだったけど全然汗臭くないから何かの香水かと思ってた」
ベル「マジでか、なんでアタシらに相談…できるわけないか」
ルゥ「七夕の翌日…まさか短冊にバストアップの祈願でもしたのかい?」
リース「それが思い出せないの、でもそんなことを書いた覚えはないよ」
ルゥ「そうか…なにか手がかりが掴めるかと思ったんだけど…」
ペッパーランプ「あらあら随分とお困りの様子ですね」
四人「!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/12 (Wed) 19:18:35

ペッパーランプ「話は聞かせてもらいました、早速この扇で過去の記憶をのぞいてみましょう」
ベル「なにそのぶっ飛んだ設定の扇子は」
リース「てっきり水晶玉的なものが出てくるかと思ったら予想外だったね」
ペッパーランプ「最近また暑くなってきたので持っていた扇に私の能力の一部を付与しただけで、扇自体には特別な魔力はこもってませんよ」
ルゥ「もう突っ込みどころしかないな…どれどれ」
 
イヴ「見えてきたよ…一年生の七夕のときだね」
ベル「あれ? このときはまだ小さいな」
ルゥ「翌日といってたからね、つまりこれから…短冊に何か書いてる!」
りーす(幼)「おそらをとべるおおきなハネをください…できたぁ」
ルゥ「声に出しながら願い事書いてる…」(*´Д`)ほっこり
ペッパーランプ「どれどれ…ぶほぉっ」
ベル「うわあっ! 一体なにを見たんだ!?」
ペッパーランプ「リースさん、短冊の願い事に誤字があったことが判明しました」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/12 (Wed) 21:28:04



「とべるくらいおおきなハネがほしい」(飛べるくらい大きな羽がほしい)と書きたかったのだろう
「ハ」のところが「ム」と書かれていた。

リース「!」
イヴ「それで『羽』じゃなくて『胸』が大きくなっちゃったのか」
ペッパーランプ「ですがこれで羽だったとしても大騒ぎになってたでしょうね」
ベル「よし、試してみよう」スっ
ルゥ「やめようね?」がしっ
ベル「HA☆NA★SE!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/18 (Tue) 23:28:09

イヴ「ところで『飛ぶ』の下りは?」
ベル「気球みたいに飛ぶわけでもないし」
ルゥ「息をするように怖いこと言わないで!」
リース「その…出るとき目の前が真っ白になって体の力が抜けるの、それで頭の中がフワフワしてお空を飛んでるような気分に…」
ベル「まて、その飛び方はイロイロとまずい」
ルゥ「しかし大きくなった原因も気になるけど…どうして出るのか」
イヴ「そういえば天の川って英語圏では「milky way」っていうけど何か関係あるのかな?」
ペッパーランプ「はい、ギリシャ神話の女神の母乳が噴き出て川になったとか」
ベル「勘弁してくれ、これから天の川を見る度にリースの「アレ」を連想しちゃうじゃないか…一向に構わんがな」
ルゥ「女神の…こうしてみると関連性が次々と出てくるね」
ペッパーランプ「さて原因も分かったことですし、元に戻していただくように短冊に書きましょうか」
リース「うん、だけど…」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/18 (Tue) 23:31:41

リース「私はこのままでいいかなって思えてきたの」
ルゥ「どうして?」
リース「はじめは不便なところもあったよ、着る服にも困ったし」
リース「誤字とはいえ神様からの贈り物で、誰でも簡単にもらえるわけじゃないんだってわかって…」
ルゥ「信じがたいけど、現にそうなっているわけだし」
ベル「リースって結構信心深いところあるからな、でなきゃ「授かる」なんてありえないだろうし」
リース「うん、だから何か意味があってのことだと思う、だからこれからは『この子達』?とも向き合おうって…」
イヴ「本当にいいの?」
ベル「ん~、リースがそれでいいならアタシからは何も言えないや」
ペッパーランプ「仮にその先が茨の道でもですか?」
リース「うん、苦しかったこともあったけど、今度は一つずつ良いところも見つけるよ」
イヴ「リースちゃん…」
ルゥ「リース…きみに覚悟があるならそれでいいさ、『わたし』も支えになるって決めたんだ、どこまでだって付き合うよ」
イヴ「イヴだって、いつでも言ってね? リースちゃんはイヴの大事なお嫁さんなんだから」
ベル「お前まだ引っ張るかソレ!?」(過去スレ参照)
ペッパーランプ「経緯はどうあれ私たちは味方ですよ、何かあったらイヴさんの言うようにいつでも相談してくださいね」
リース「みんな…ありがとう」

ベル「良かったことか…だったらアレは? ほら海で溺れかけた時『ソレ』が浮袋になって助かった話」
ルゥ「え!?」
ペッパーランプ「そのようなことがあったのですか?」
イヴ「うん、さっき見せた写真を撮ったあとにね…」
リース「イヴちゃああああああああんっ!!!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/19 (Wed) 08:29:54

みんなとこれからもたのしい日々をすごせますように
リース・ドラセナ
 
天の川に願いを編 完

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/07/30 (Sun) 23:05:56

縁日
浴衣と甚兵衛のエクスポートデータはファッションムラシマスレで公開中。
 
シロ(人混みは苦手、花火の音も怖い、でもみんながいるからちょっとだけ楽しい)

ちなみにシロの甚兵衛はルゥのお下がりで、
男装してた頃に着ていた物だから前後が逆になっているという裏設定があります。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/08/02 (Wed) 22:16:03

女学院というだけあって部活も存在します。
仮にもサンタである彼女達にとって体力は資本、ゆえに運動部は豊富だ。
イヴ:テニス部、だが活躍の機会なし
リース:バレー部の仮部員、ダンスの方のバレーもあります
ルゥ:チアリーディング部、元保険医の趣味だったが気づくと板についてしまった自分がいた
キャロル:水泳部(?)室内プールなのでオールシーズン泳げます。基本的にストッキングは履きませんが禁止はされてません。

チアコスはムラシマスレよりtngrさんのものを拝借

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/08/05 (Sat) 20:24:36

少女着替中
 
イヴ「リースちゃん見て、リースちゃんのおかげでイヴも谷間ができるようになったよ」
リースのソレと比べれば微々たるものだが確かにソレは存在した。
ベル「アタシだって…アタシだってなあああああっ!!!!」
ない。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/08/08 (Tue) 23:31:24

ルゥ「リースのおかげ…まさか!?」
イヴ「捨ててしまうなんてもったいないから、ちょっぴり飲んじゃった てへペロ」
ルゥ「の、飲んだって…なんともないのかい?!」
イヴ「おいしいから大丈夫だよ」
リース「イヴちゃあああん!!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/08/09 (Wed) 21:13:07

なんか蛇足な気がしないでもないオマケになった…。
最初はギャグの筈だったのにいつの間にかいい話になっていた。
ギャグ→新キャラとしてクーゲルを出してシリアス化を図るも「戦う少女スレ」がひと段落してからにしたかったので没→リースが心身ともに成長していた(今ここ)
 
以下、没になったシリアスシーン
ベル「さあ笹を片付けるぞ…誰だよツリーの玉なんて飾ったのは」
ルゥ「玉飾りだって? …まさか」
?『くくく、アレを神からの授かり物と解釈するとは、まるで道端に落ちていた剣を拾い運命と受け取った聖女の如し…だが受け入れられたのは好都合か』
リース「だ、誰?」
イヴ「いったいどこから…」
ルゥ「やっぱり…隠れてないで出てきたらどうだ…クーゲル!!」
 次回に続かない

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/08/22 (Tue) 23:14:02

ビッシュの裏話
ケーキ三銃士は昔「飢饉」や「戦争孤児」などの理由で家族と離れ離れになり、縁あってペッパーランプ家に引き取られたという没設定がありました。
今はビッシュだけ設定そのままで、恩人であるペッパーランプには並々ならぬ忠義を持つようになりました(他の二人も決して皆無というわけではありませんよ)。

フランス人らしからぬ浅黒い肌については、
ペッパーランプのようになりたい一心から「まずは形から」入ろうと日焼けしたため。
他にも髪を染めたりカラーコンタクトを入れて目を赤く…するはずが、元が青いせいで紫になってしまったとさ。
 
実は家族が生きており、再会して以降は健気に仕送りをしてる孝行娘なストーリーも考えてました。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/09/06 (Wed) 21:06:39

前々から作りたかった某カンフー漫画のパロディ

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/09/17 (Sun) 10:39:30

一日遅くなったけど
 
カーラント&ルドラ「誕生日おめでとう」
ルゥ「ありがとう二人とも」
ルドラ「あのね、プレゼント代わりにお姉ちゃんが成長の成果(一発芸)を見せたいんだって」
カーラント「見てみてー静電気でくっつけることで物を持てるようになったの」(電磁石の要領なので物は限られる)
ルゥ「おお、すごいね!」
カーラント「ふっふっふ…これだけじゃないんだよ」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/09/17 (Sun) 11:34:39

ルドラ「なんと電磁波を発生させて今からコーラの蓋を開けます」
ルゥ「・・・え?」
カーラント「いくよ…オーバードライブ!!」ボンッ!
ルゥ「ちょまっ…うわああああ!」
ルドラ「お姉ちゃあああああん!」
コーラの瓶が爆発四散した。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/09/17 (Sun) 23:39:46

学院の浴場前
上半身が炭酸まみれになったまぜまぜ姉妹はリフレッシュを終えていた(シャワーシーンなどない)。
 
カーラント「あー失敗失敗、テンションと一緒に電圧まで上げちゃったよ」
ルドラ「お姉ちゃんったら本番に弱いんだから…でも怪我がなくて本当によかった」
練習では成功していました。
ちなみにルドラも火を吐けるようになったらしいが、加減を誤って火災になったら恐いから萎縮したとのこと

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/09/21 (Thu) 20:37:41

膝枕とか耳かきとかさせたかったが挫折
自由配置の手に手袋がなくてルドラの手を黒くできなかったのが悔やまれる
 
ルドラの腕輪と黒い両手についてですが
腕輪はヘルドラゴンとしての力を抑えるためのリミッターの役割りをしており、不安定な時期は首と両脚にも装着します。
しかし、半分宿ったリースの穏やかな人格に加え、姉(カーラント)の存在が彼女から凶暴性を薄れさせ、現在は外しても数時間は大丈夫。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/10/02 (Mon) 00:52:28

ストーリー「信仰の秋の巻き」
 
年中冬の雪国に学び舎を構えるプレセピオ女学院だが、
園芸部では実りの秋を迎えていた。
 
キャロル「あら、いい匂いね」
ノエル「キャロルも食べるか? おイモさんの他にも色々あるぞ」
ペッパー「ただ今、ケーキ三銃士にスイートポテトを作っていただいてますので貴方もいかがですか?」
キャロル「えぇいただくわ、ノーチェも誘ってくるわね」
ノエル「それにしてもこんなにたくさんのおイモさんどうしたんだ?」
イヴ「園芸部に貰ったの、今年は害獣や鳥の被害が0件で大豊作だったんだって」
ノエル「あー時々どこからともなく忍び込んで作物食い荒らすんだよね、最近は来なくなって仲間達も安心してるけど」
イヴ「うん、みんなの話ではね・・・」
 

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/10/04 (Wed) 22:10:23

キャロル「天使を見たですって?」
イヴ「うん、先月の台風にね……」
 
遡ること数日前
 
生徒1「大変でしてよ大変でしてよ」
生徒2「一大事ですわ一大事ですわ」
イヴ「そんなに慌ててどうしたの?」
生徒1「キャストライトさん、大変ですの」
生徒2「わたくし達、見てしまいましたの」
イヴ「見たって何を?」
1&2「「天使様ですわ」」
イヴ「てん・・・しさま?」
 
先月、学院と周辺の町で発生した台風
激しい風雨に加え一部の地域では雷も発生しており、学院も落雷の範囲内だった。
 
生徒2「わたくし達、園芸部が心配になって外に出ましたの」
生徒1「すると天より稲光が私達めがけて降り注ぎましたわ」
イヴ「え!?」
生徒1「自身の軽率な行動に嘆きながら生に幕を引くのを覚悟しました」
生徒2「ですが私達は助かりました、ふと天を見上げるとそこには…」
生徒1「金色に輝く天使様の御姿が!」
生徒2「黄金色の翼でわたくし達をお守りくださったのです」
イヴ「す、すごい体験だね!」
生徒1「でも誰も信じてくださらなくて…」
生徒2「雷に打たれて夢でも見たのだと…」
イヴ「…うぅん、イヴは信じるよ」
2&1「「!」」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/10/09 (Mon) 15:42:10

ストーリーの途中ですがここで今後の予定
戦う少女スレでルゥ・琴音・クーゲル他との闘いの後
更なる刺客として出す予定だったキャラクターをこちらで出そうかと考えています。
もちろんあちらのスレはパラレル設定なので敵ではなく悪友的な立ち位置に改編します。

変更点
偽のファンクラブもこっちの世界ではメリー・クリス・マルスの発案でクーゲルとシスターも騙された側ということに

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/10/15 (Sun) 22:39:09

生徒1「ほ…本当ですの!?」
生徒2「よかった…キャストライトさんだけでも信じてくださって」
イヴ「会ってお礼もしたいでしょ?」
生徒1「もちろんですわ」
生徒2「恩人…いえ、救いの神といっても過言じゃありまんもの」
イヴ「きっと会えるよ…案外すぐに」
ルドラ「ダメだよお姉ちゃん廊下を走っちゃ!」
カーラント「だって雷で充電したから体力も電力もありあまってるんだもん!うおー!」
生徒1「なんですの騒々し…あっ!」
生徒2「もぅ貴方まで大声ではした…な!?」
1&2「「金色の天使様!!」」
カーラント「ほえ?」
イヴ「・・・ね。」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/10/17 (Tue) 22:20:46

キャロル「なるほど、そんなことがねぇ…おぃしぃわねコレ」
イヴ「その後ドラちゃん(ルドラ)を見た生き物係の生徒も『見つけましたぞ!竜神様じゃ!』って大騒ぎだったんだよ」
キャロル「竜神様?」
イヴ「うん、飼育されてる動物達や園芸部で栽培されてる野菜と果物を狙った野鳥と害獣の被害がパタッとやんだでしょ?」
キャロル「確かに聞かないわね、旧校舎が開校した頃はよく『狼がきたぞー!』ってトナカイや鶏が騒いでたものだけど…」
ノーチェ「今は温室の植物達もみんな平和そうにしてるよ」
イヴ「鳥小屋が野犬に襲撃されてる現場に居合わせた生徒が見たんだって」
キャロル「見たって何を?」
イヴ「月を背にして咆哮を上げる巨大な青い竜を、それに怯えた野犬達が蜘蛛の子を散らすように逃げて行ったんだって」
ノーチェ「でもその子も気絶しちゃったみたいで、夢でも見てたんじゃないかって信じてもらえなかったんだよね」
キャロル「青…それがルドラだったと」
ルドラ「それなんですが覚えてないんです…でもいつだったか犬の遠吠えが五月蝿くて怒鳴ったらスグに静かになったような」
キャロル「それだわ、野犬達にとって最高の狩場がいつの間にかドラゴンの縄張りなんですもの、本能的に命の危機を察したのね」
ノーチェ「お空の上もサンダーバード(カーラント)の制空権になっちゃったから他の鳥さん達も警戒してるのかな」
キャロル「それで急に畑の被害がなくなって、そしてそのお礼に芋とか果物をどっさり…と」
イヴ「大変だったよ他の子も何事かと騒動になっちゃって、ルゥちゃんとペッパーランプちゃんがいなかったら収拾がつかなかったよ」
ルドラ「うぅ…もうしわけありません、弾けてたお姉ちゃんを止められなかった私のせいです」
キャロル「いつかは誰かに見つかる…そのときが来たってだけよ、気落ちすることないわ」
ノーチェ「ルドラもお芋さん食べて元気だして、ほら」
ルドラ「はい…あ、おいしぃです」
 
こうして秋の味覚を堪能する少女たち
しかしその裏では幼き雷神と竜神を崇める新興宗教が立ち上げられようとしていることを彼女達は知る由もない。

「信仰の秋の巻き」完

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/10/22 (Sun) 01:13:36

新機能の影の濃淡がうまくいかない・・・
一応、画像手前の影は体重計です。
 
食欲の秋で食べすぎたリースはダイエットをする決意で満たされた。
次回はまたちょいエロ&マニアック路線になるかも

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/11/02 (Thu) 09:00:15

カーラント「ただいま」
イヴ「おかえりなさい二人とも」
ルドラ「はぁ…はぁ…恥ずかしかった…そして寒い」
ルゥ「タイツがあったのにレオタードだけを直に着ていったのかい!?」
ルドラ「!!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/11/03 (Fri) 10:36:26

ルドラ「うぅ…もぅ街を歩けません」
ルゥ「この間の件といい当分は表舞台に出ない方がいいかもしれないね…いやそもそもなんでソレを着たんだ」
イヴ「それも気になるけど・・・二人ともハロウィンはどうだった?」
カーラント「お菓子いっぱいもらったよ」
ルドラ「あ…はい、楽しかったです、それと釣果はこちらに」
ルゥ「大漁だね(さてはこの間の信者達か)」
カーラント「なんかね『かみなりおこし』と『エクレア』が結構多いよ」
イヴ「あーどっちも『雷』だもんね(フランス語でエクレアは「雷光」の意)
カーラント「早速みんなで食べようよ」
ルドラ「・・・」
イヴ「リースちゃんならさっき部屋に戻っていったよ、でもなんか沈んだ様子だったからそっとしてあげよ?」
ルドラ「え?あ、はい…」
ルゥ「リース…一体どうしたというんだ」
イヴ(明日からダイエットだろうなぁ、イヴも手伝ってあげよ)

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/11/08 (Wed) 23:29:08

今日は「いいおっぱおの日」とのことなので

リース(どうしよう、制服がきつい…また太っちゃったのかな…ん?)
カーラント「カーラントの方がお姉ちゃんなのに…」ぐぬぬ
ルドラ「そ、そんなに見られると恥ずかしいよぉ…」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/11/12 (Sun) 00:16:43

あああああああ日にち変わっちゃったああああああああ!!
でも作ったから晒す。
 
イヴ「リースちゃん」
ベル「へへっ、リース」
ルゥ「ん・・・」
リース「!!」
 
意中の三人からポッキーゲームを迫られるリース、しかし彼女には選ぶことなどできなかった。
なぜなら彼女は・・・ダイエット中なのだ!!!
 
ちなみに味は
イヴ「ビター」
ベル「いちご」
ルゥ「ホワイトチョコ」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/11/22 (Wed) 22:45:51

11月22日はいいツインテールの日らしいので
過去絵ですが過疎あげ
イヴはこの髪型でいいかもしれない

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/01 (Fri) 23:02:40

クリスマスも近いこの頃、リースはダイエットを決意するも一人ではどうしようもなかった。
以前、困ったことがあったら頼ってほしいと言ってくれた三人に最初は遠慮していたが藁にも縋る思いで相談してみることにした。
さて、誰に頼もうか?
 
1:イヴ
2:ベル
3:ルゥ
4:その他

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/03 (Sun) 16:28:06

あ、12月2日と3日だった!
というわけで
 
イヴ「二人ともお誕生日おめでとう」
プレゼントは色違いのセーターだった…が
リース「ありがとう…でもコレちょっと…く、苦しぃ…かも」
イヴ&ベル「!!」
こうしてリースのダイエットが本格始動することになった。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/17 (Sun) 18:31:56

ルゥ「いいかいリース、運動といってもなにも激しい動きである必要はないんだ」
リース「そうなの?」
ルゥ「太極拳がいい例さ、ゆっくり動くから初心者にもやさしいし夏休みのラジオ体操より長続きできるよ」
リース「バレエの柔軟体操みたいな感じかな?それなら私でもできそう」
ルゥ「そして極めればこんな動きだって…」
リース「!?」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/17 (Sun) 21:10:48

遂に我がプレセピオ女学院にキャロルの本体が!

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/19 (Tue) 00:04:31

リース「ルゥ、大変なのすぐ来て!」
ルゥ「そんなに慌ててどうしたんだい…あれは?」
 
生徒1「金ピカの天使様をおいてありえませんわ!」
生徒2「否、竜神様こそ一番上に相応しいですだ!」

クリスマスに向けてキャロル(本体)の飾りつけを始める生徒達
しかし、トップスター(一番上にのせる星)の代わりにカーラントとルドラどちらのフィギュアを飾るかでプチ宗教戦争が勃発してしまった。
 
ルゥ「はぁ、なにをやっているんだか・・・」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/20 (Wed) 00:11:14

キャロル「私の本体が騒がしいから来てみれば…どういうことなのかしら?」
ペッパーランプ「一体何を言い争っているのですか貴方達、キャロルさんが珍しく怒り心頭ですわ」
生徒1「キャロル様!」
生徒2「それにペッパーランプ様も!」

普段は本体のツリーのように平穏なキャロル、そんな彼女が怒りをあらわにするのは滅多にある事ではない。
それもそのはずトップスターは単なる飾りではない、彼女にとって特別な意味を持つのだ。

キャロル「大体の事情はリース達から聞かせてもらったわ、両方とも却下よ」
生徒2「な、何故ですか!?」
生徒1「せめて理由をお聞かせください」
ペッパーランプ「まず一つは喧嘩両成敗、次にお二人が天使や竜神と仰ぐ子達は自分が祭り上げられる事を快く思っていません」
生徒2「な、竜神様達が!?」
キャロル「そして何よりトップスターは親友の形見であり友情の証…私に親友を裏切れというのかしら?」
生徒1「そんな逸話があったなんて…ですがそんなつもりじゃ…」
キャロル「分かったら早く持ち場に戻りなさい、まだ半分もできていなんて恰好がつかないでしょ」
生徒1&2「は、はいーっ!」
この後フィギュアは没収されました。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/20 (Wed) 21:52:40

生徒1「嗚呼、まさかキャロル様の怒りを買ってしまうなんて…」
生徒2「竜神様達が嫌がってるだなんてきっときっと何かの間違いですわ、やはり諦めきれません、頂上がだめならせめて下の方にでも…」
生徒1「そんなことをしてバレたら最悪退学ものですわよ!」
ルゥ「やれやれ、まだ懲りてないのか」
生徒1「ルゥ様!?」
ルゥ「信者なら自分が神と崇める存在の意思を素直に受け入れるべきじゃあないのかい?」
生徒2「そんな、ルゥ様も信じてはくださらないのですね?」
ルゥ「ぼくは実際に見たわけじゃないからね、否定はしないけど肯定もできないってだけだよ」
生徒1「ですが私はこの目で見たんです、あれは間違いなく…」
ルゥ「ハーピーやドラゴニュートなんて珍しくもないだろ、少なくともあの子達は神と呼ぶには程遠い存在だ」
生徒2「ですが」
ルゥ「頼むからこれ以上あの子達を担ぎ上げるのはやめてくれ、特に竜の方はトラウマになってるからさ」
生徒2「まさか私達のせいで登校拒否に!? わわわわ、わかりました、みんなに伝えて教団をすぐに解散させますだ」
ルゥ「そうしてくれ、あと見かけてもそっとしておいてほしいんだ、いいね?」
生徒1&2「・・・はい」
ルゥ(そうだ、忘れるんだ…全て…)

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/20 (Wed) 22:02:00

その頃、ツリーでは
 
キャロル「はぁ…柄にもなく感情的になってしまったわ」
ペッパーランプ「ありがとうございます、これで今年もお祖母ちゃんが雲の上から星を眺められます」
キャロル「昔からのトレードマークを譲れないだけよ」
ペッパーランプ「それだけ思い入れがあるという事ですよね?」
キャロル「…はっ!」
ペッパーランプ「うふふ…」
 
入るタイミングを見計らってルゥが合流する。
 
ルゥ「こっちも終わったよ、といっても時間はかかるしフィギュアの製作者とか事後処理とか残ってるけど」
キャロル「ルゥもありがとう、私と友達を守ってくれて」
ルゥ「リースのためでもあるからね、お安い御用さ…ところで、また例の占いかい?」
ペッパーランプ「はい、今回も学院の存亡をかけた大仕事でした」
ルゥ「そうか・・・今回も?」
 
ペッパーランプの予知能力が見たヴィジョン
学院で誕生した二つの新興宗教同士が学院全体を巻き込んで宗教戦争を起こし、そして誰もいなくなる…というものだった。
様々な国籍や人種、果ては種族が集うプレセピオ女学院
文化も価値観も宗教も異なり、全員の制服が違うのもいわゆる一つの「お国柄」である。
ゆえに違う宗教同士のぶつかり合いは珍しくはなかったが、今回は勝手が違う。
カーラントとルドラはイブとルゥとリースのクローンでしかもキメラ、事が公になれば倫理問題にもなりかねない。ソレを神と称して崇めるのだから下手をすると邪教とみなされてもおかしくなかった。
学院側は多宗教に寛容だが、それでも在学中は学院の守護神的な存在こそが絶対で最優先となる。学院の象徴たるツリーに宿る精霊キャロル、彼女への信仰が学院の大黒柱であり、ソレなくして学院の存在はありえない。
 
ルゥ「つまりキャロルの存在が学院を支える柱、維持するには彼女への信仰が必要不可欠、宗教戦争が起きていたら信仰が失われて学院の崩壊…というわけか」
ペッパーランプ「はい…イメージとしてはアトラス像が分かり易いかもしれません」
ルゥ「その例えは多分ギリシャ人にしか伝わらないよ…」
キャロル「どっせーい!」
ルゥ「まさかの実演!?」
 

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2017/12/24 (Sun) 23:01:14

ベル&ルゥ「誕生日おめでとうイヴ」
イヴ「二人ともありがとう、ところでリースちゃん見なかった?」
ベル「なんか思いつめた様子だったけど意を決したようにどっかいったのを見たのが最後だな」

がちゃ

リース「イヴちゃん、お、お誕生日おめでとう…ぷ、プレゼントに…私をリース・キャストライトにしてください!」
三人「!!!」
リース「はぁ、VRでも恥ずかしいのに本人になんて無理だよ…」すっ
イヴ「もらっていいの?」
リース「…あれ?おかしいな、まだ電源オンにしてたい」
ルゥ「リース、今VRを外してるよね?」
リース「…食べないでください!」
イヴ「食べないよ!」
ベル「しぇー!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/01/02 (Tue) 02:11:16

おまけのアフターストーリー
 
クリスマスが終わってツリーの装飾も片付いた学院の一室にて
 
ルゥ「先日の件で二人に話がある、主にフィギュアの」
生徒1「ルゥ様…これから私達はどうなるのでしょうか」
生徒2「もすかすて退学処分だか?もう荷物纒て故郷さ帰るべ…」
ルゥ「誰が退学なんて言ったんだい?せいぜい教団を立ち上げた生徒に処罰が下る程度だよ」
生徒2「では一体どういったご用件で…」
ルゥ「あのフィギュアを二人とも喜んでくれてね、合ってお礼が言いたいそうだ」
生徒1&2「…へ?」
 
生徒1「天…カーラント様と…ルドラ様が!?」
ルゥ「けど条件がある、あの騒動以来ルドラは自分の存在がみんなに迷惑をかけてしまったと思い詰めているんだ
二人が本当に「天使」と「竜神」を見たのなら少なくとも「あの子達」は違う、ソレに対しても謝罪を…ね」
生徒2「わがりますた…かくなる上は腹をかっ捌いてお詫びしますだ!」
ルゥ「そこまで望んでないよ、どこまでマイナス思考なんだい君は!?」

自分達そっくりなフィギュアにはしゃぐカーラント
ルドラは自分そっくりな姿の人形がハロウィン仕様なことに眉を細めたが、姉の嬉しそうな顔を見てすぐに緩んだ。

生徒1「カーラント様まじ天使」がくっ
生徒2「しっかりするだ~」

イヴ「あの二人も仲直り?したみたいでよかった」
ルゥ「やれやれ『信者』じゃなくて『友達』なら歓迎するとは言ったが、呼び方が変わっただけじゃないか…」
リース「イヴちゃんのおかげだよ、本当にありがとう」

実はフィギュアの処分やルドラと生徒達のアフターケア諸々はイヴの提案。
没収されたフィギュアはカーラント達へのプレゼントとして贈られ、直接渡して騒ぎにならないようにルゥが預かった事になっている。
 
また、人形の製作者は天使と竜神のイメージとして写真を渡されたと証言しており、それが盗撮されたものとは知らなかったため不問。
提供者の正体と写真の出どころは現在も不明で、第三者の関与も追っている。

ひとまず完。それではよいお年を

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/01/15 (Mon) 22:52:06

ネタが浮かばないのでショートヘアーな二人を伸ばしてみたが
リースはいいとしてルゥはあの髪型から派生させるの難しい
昔投稿した魔女化バージョンの角なしになってしまった

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/01/22 (Mon) 21:36:30

床のタイルをいじってて思いついたネタ
「ルゥに囲碁(五目並べ)を教えてもらうイヴ」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/01/28 (Sun) 10:53:24

https://shindanmaker.com/244826
「あなたがポケモントレーナーになったらー」の結果、ルゥは手持ちが三匹ともイーブイになった。

イヴ「なにに進化させるか決めてるの?」
ルゥ「イメージカラー(瑠璃色)に合わせてシャワーズとグレイシアは確定なんだけどあとは…(ブースターにしようかな、赤と黄色だし)」
イヴ(イメージカラー『赤』)「?」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/01/31 (Wed) 22:03:54

今夜は皆既月食だそうですが、こっちは曇ってて見れないから作った。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/02/04 (Sun) 00:51:17

何を血迷ったか、恵方巻でポッキーゲームの図
恵方巻がうまく表現できない、せめて蝋燭の炎を消せたらいいのだが…。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/02/18 (Sun) 10:35:32

おそくなったがバレンタインネタはっとく
毎回リースがもらう側だったのでたまには
 
ルドラ「お姉ちゃんと協力して作ったの、よかったら食べて」
イヴ「いつもお世話になってるルゥちゃんへの『本命』だよ(大本命はリース)」
リース「わ、私も…形はともかく味は保証するよ」
クーゲル「喜べ 私からも同士として進呈してしんぜよう 心配せずとも猛毒の類など入れはせんよ…コレにはな」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/02/18 (Sun) 11:57:20

またリースの髪の長さを変えてみた
このぐらいが調度いいな
なんとなくルゥに似てたので本人で試したが、いつもの髪型が完成されててアレンジしにくいせいか、しっくりこなかった。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/02/18 (Sun) 22:32:21

クーゲルの扱いについて(戦う少女スレの一部ネタバラし含む)
戦う~ではラスボスチックな存在感を漂わせる彼女ですが、実はクーゲルも真の黒幕に操られるかたちで利用された被害者の一人にすぎず、ケジメとして黒幕を道連れにする。
生還するも重症で、事件後はルゥと同じ病院で療養していた(ルゥより長期)
直接的な実行犯ではなかったが、リースとは面識がなかった事と真相をルゥに聞いていたため「逆らうと人質の琴音が危ないから仕方なく従っていた」ということになり、現在は琴音共々に悪友的ポジションで落ち着いた。
口調は操られていた頃と変わらずだがイヴ曰く「根はいい子」らしく本人も「すっかり毒気を抜かれた」とのこと。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/02/22 (Thu) 11:56:52

戦う少女すれで出す予定だったキャラ

キャンディ・カーン
師から受け継いだ魔術と科学を組み合わせた全く新しい技術を開発するも、公になれば間違いなく軍事目的で狙われるため研究所に籠っていた。
ソレに目をつけたクーゲルに利用されかけるもイヴの説得で思いとどまる。

また、クローンとキメラの研究をしており、カーラントとルドラも彼女の発明で生み出された。
(ルゥ達のクローンをモンスターと合成して誕生という設定)

名前の由来はキャンディケイン(杖を模した飴)

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/02/27 (Tue) 21:48:21

前髪を切りすぎたクーゲルの図
隠す前にイヴたちに見つかって焦っている。

毒々しい色の毛はウィッグ(かつら)で本来は茶髪。
染めても地毛が伸びて見栄えが悪いためにつけていたが、間に合わなかったようだ。
「み、見るなぁ!!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/03/18 (Sun) 21:41:56

過疎あげ
オセロは癒し

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/04/10 (Tue) 22:53:13

過疎あげついでに次スレで予定してる企画
 
キャンディ博士のプロフィール紹介
何故クローンとキメラの研究をしていたのか及びカーラントとルドラの誕生秘話
そのあとで第二回人気投票

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/04/14 (Sat) 22:37:27

戦う少女スレの真相(ネタばれ)
学院の地下には邪神と呼ばれる存在が封印されており、その邪神と戦って封印を施した人々は後世のことを考え、
邪神が復活しても再封印あわよくば撃退できる素質を持つ人材を集め、育成するべく建てられたのがクリブ(プレセピオ)学院だった(ペッパーランプ家もその一族の末裔)。

時の流れで封印の力が弱まり、目覚めた邪神は近くを通りかかったルゥ、琴音、クーゲルを操る事に成功。万が一自我を取り戻しても互いをスケープゴートにできるため自分に被害はない。
次にリースを生贄または仮の器にするべく彼女へのいじめやストーカーをそそのかして暗躍するも、洗脳が解けたルゥの妨害で失敗。
苦肉の策でクーゲル他数人を手にかけて無理やり復活するも不完全。
クーゲルと琴音の「ケジメ」と称した捨て身の行動で再び封じられた。その後のクーゲルの扱いについては前期に述べた通り。
なお、キャンディ博士の開発したクローンは生贄の不足分を補うために利用されるはずだったが間に合わなかった模様。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/05/19 (Sat) 21:56:30

クーゲル「これで良いのか?」
琴音「おお、初めてにしてはごっつええ感じやん」
イヴ「二人とも何を作ってるの?」
クーゲル「これは琴音の国の文化で日照り乞いに使う人形だそうだ」
琴音「うん、厳かに言うたらそうなるな…ちなみに『てるてる坊主』言いますねん」
イヴ「どんなふうに使うの?」
クーゲル「人形の首を縛って窓辺に吊るすらしい」
琴音「ちょ、間違ってないけどもうちょっとオブラートに包まんかい!」
クーゲル「それで失敗したら首を捥ぐそうだ」
イヴ「もいじゃうの!?」
琴音「あの、クーゲルさん、もうちょっと言い回しをですね?」
クーゲル「あめがやまないと…ちのあめふらしちゃうぞ?」
琴音「余計に恐いわーっ!!」

日照り乞い=雨乞いの反対語で太陽を呼ぶ儀式やまじないの事。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/05/22 (Tue) 23:23:25

予てより、聖・プレセピオ女学院の舞台はサンタ発祥の地であるフィンランドを中心としたヨーロッパのどこかまでは決めていましたが、登場人物の出身地が決定したのでまとめて公開。
キャロルは「本体のツリーがスウェーデンにある=学院もそこにある」なので学院の所在地も確定。
イヴ(ノルウェー)ベル(デンマーク)リース(フィンランド)はイメージカラーに合わせてこの三ヵ国。
クーゲル(ドイツ)琴音(日本)は名前から必然的に決定。
ルゥは香港の予定でしたが国旗が見つからないので中国に替えました。

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/06/08 (Fri) 22:24:01

あかーいマフラー なびーかーせて~♪
進めサイボーグ 我らーのゆ・う・し~♪

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/07/05 (Thu) 23:42:15

このスレも一年経つのか…。

変わった事といえばリースの髪が少し伸びたことと、
七夕の回で登場するはずだったクーゲルも正式にレギュラー入りしたことか

クーゲル「ドイツにはタナバタという文化がないので詳しく教えを乞いたい」
琴音「ええけど、どれだけ知ってるかによって説明する内容もかわるで」
クーゲル「そうだな…王子と王女的な二人の遠距離恋愛ということはルゥ・リーより聞いた」
琴音「概要は把握と、ほな名前は言えるか?」
クーゲル「フッ…この私をルゥ・リーと一緒にしてほしくないな、たしかヒコボシと…オリ…オリオン?」
琴音「どっちも男やんけーっ!」
クーゲル「あっー!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/08/05 (Sun) 08:35:13

「健康系爽やか美少女その4」からの続き
ちょいエロ注意!

ノーチェ「ぅん…大きなレモンがふたつ…?」

眠り眼でレモン(?)を掴むと、搾るようにちk…手首を左右に捻り始めた。

リース「んん…ノーチェちゃん何してるの!?」
ノーチェ「おっきなレモンをしぼってぇ…レモネードいっぱい作りゅのぉ…」
リース「待って、ソレはレモンじゃなくて…えっと…レモンパイだから、搾らないでえ!」

Re: 聖・プレセピオ女学院3 - ゆーふぉにうむ

2018/08/13 (Mon) 11:16:02

ルドラを人間形態に変身できるようにすべきか迷った結果
一気に地味になった…。

竜人の姿は周囲には周知だし、正体をごまかすために変身してたけどウッカリばれちゃうストーリーは無理だな。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.