ぽち公の掲示板


警告
WARNING!! FOR ADULT ONLY.


本サイトは未成年に有害なコンテンツを含んでいます。
18歳未満の方は、御遠慮ください。

投稿欄へ業者等のPR外部リンク等が記載される場合がありますが、当サイトとは一切関係がありません。
発見し次第削除させて頂きますが、怪しいサイトへの接続には十分にご注意下さい。
また投稿時にメールアドレスを入力する際は、 フリーメールアドレスなどを利用することをお勧めします。

『管理人判断にて 削除orアクセス禁止 の事項』
個人情報の掲載、日本の法律・条例に反する書き込み、暴言や荒らし行為

投稿内容に関しては投稿者が責任を負うものとし、投稿する方は、それを了承したとみなします。

※本文が英数字のみだと書き込みができないようです。
一文字でも大丈夫ですので本文に日本語を入力してから書き込んでください。



2816082

やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/04 (Sat) 23:06:48

アマチュア野球選手のスレです。新入部員または新規チーム募集!

吉瀬替高校
海防学院高校
西陽館学園中等部
県立鍬形高校
天明大学付属高校
藤関学園高校
一閃館高校
豊倉北高校
ベネディクト高校
GL学園
清寧大学付属高校
電光学園高校
天の川学院高校

大学一覧
報羅大学
東浦大学
吉慶大学
天明大学
黒林大学
清寧大学

吉瀬ジャイアンツ
和町野球クラブ
吉東タイガース
ロイヤリティサーヴァンツ
海山重工業野球部
新敷島製鉄野球部
セト・フェニックス
ユリの姫ホテル硬式野球部
ドミナミスト硬式野球部
アレース電販野球部(仮)
LEL野球部

wiki:http://kisekaelbbl.wiki.fc2.com/
前スレ:http://pochikou.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=12361132
チャットルーム:http://chat.kanichat.com/chat?roomid=kskebbthread

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/04 (Sat) 23:37:57

高橋「犯人に継ぐ!犯行の目的はなんだ!」

美知子「部員数の底上げが目的です!それも右腕の先発投手と代打ができる選手が来てくれない限り、私たちは一切試合には出ません!!」


高橋「犯人に継ぐ!秋奈を中心に何名も(ピザで)幽閉し、人質としているのは本当か!?」

美知子「その通りです!私たち抜きで試合ができないように、秋奈、柏、鏡、咲織はすでに私たちの手中になっているわ(ピザで)」


高橋「犯人に継ぐ!彼女たちはこの件には一切関係ない!解放しろ!」

佐藤「ねぇもう『犯人に継ぐ』言わなくてよくない!?あと大袈裟だから!」

Re: やきゅう!第27回戦 - Piface

2017/11/04 (Sat) 23:40:26

千穂「お姉さんの暴走か…Well RIP…」

高橋「まぁアメリカに行って、監督達の継投を見たことじゃない」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/05 (Sun) 22:22:05

高橋「はぁ~、何やってんだよあいつらは本当に…」

佐藤「まぁ、今年の戦力で優勝できなかった理由は確かに選手層の薄さにあることも一理あるよ」

高橋「いくら強くなったと言っても、私たちのチームはまだまだ新興チームだし、野球部の推薦なんてないから、偶然でもない限りうちにすごい逸材が来ることはないだろうな…」

佐藤(本当、美佳たちや凛たちはよくうちに入ってくれたよね…)

高橋「だから、先発右腕の補強が今出来る交渉材料なわけだ…」

佐藤「でも、そんな都合よくリーグで活躍できるレベルの投手なんて…」

高橋「うーん…」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/05 (Sun) 22:37:39

黒部「っていうか、右投げの投手が欲しいなら、それこそ美知子がやればいいんじゃ…?」ウップ

高島「私、怪我したくないから二刀流なんてやらないわ。アマチュアのリーグで選手生命を短くしたくないもの」

黒部「…あらそう…。それよりもミックスピザ追加な」

高島「あと何枚食べる気よ…(怒」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/05 (Sun) 22:50:33

高橋・佐藤「あーでもないこーでもない」

安藤「……一体どうなってんのこれ…」

高橋「あ、さくら。今まで何してたんだ?」

安藤「何って、さっきまで陸上部の助っ人に…。ってか、美知子たちは一体何を…」

高橋「実はかくかくしかじかで…」




安藤「マジかよ…。こっちも『野球部に興味がある』っていう子連れてきたのに…。こんなところ見せられないじゃないか…」

??「ねえねえさくらー、面白いことしてるね!野球部!」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/05 (Sun) 23:13:12

高橋「さくら、このお子さんは…?」

??「あー!?今小さいからってバカにしたでしょ!」


??「私の名前は工藤瞬(しゅん)! 大学1年生!」

高橋「マジかよ!」

工藤「野球部がかなりの粒揃いだと聴いてやってきたんだけど。どうやらお取込み中のようね」

高橋「うーん、そうなんだよ…。ピッチャーがいなくてな…」

工藤「ピッチャー!一度やってみたかったんだよね!ちょっとやらせてよ!」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/05 (Sun) 23:23:09

工藤「えへへっ!キャッチャー!ビビッて逃げるなよー!」

高橋「あいつのあの自信はどこから来てるんだ?私はホームまでノーバンで届くかどうかさえ心配なんだが…」

安藤「それに関しては心配いらないよ。あの子、あれでも陸上部では無敵だから」

高橋「え…?」

安藤「短距離をやらせても、長距離をやらせても、トラック競技をやらせても、あの子の右に出る者はいない…それくらいの逸材だよ」

高橋「は?」




工藤「せいっ」ズドーン

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/05 (Sun) 23:38:38

高島「その子がうちに入るってのなら、ストライキを解除してもいいわ」

高橋「え?マジか!?」

工藤「おぉ!私も野球部に入ってもいいのかー?話が分かるなそこのでっかいの!!」


工藤「安藤がたまにうちに助っ人に来てくれたからな。もしも野球部が困ってるなら私は助けにくるぞ!」

Re: やきゅう!第27回戦 - cobrac8nu

2017/11/06 (Mon) 07:06:53

片岡「あのう」
佐藤「ん?何か言いたいことがあるのかしら?」
片岡「……」

----

片岡「うふふ……かわいい☆」
工藤「……」

Re: やきゅう!第27回戦 - Piface

2017/11/06 (Mon) 22:52:09

塩瀬「あれ美知子、その髪型は?」

美知子「今から。バレエサークルのレッスンに参加するつもりわ。今からその髪型を結んだら便利だし」

※インドアスポーツでコンディションを保つのは美知子らしいです

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/06 (Mon) 23:03:49

工藤「ふっふーん」ポイーン

高橋「…喧嘩売ってんのか…?」ペチャーン


黒部「まぁまぁ…ププッ…落ち着けってw」ポヨーン

Re: やきゅう!第27回戦 - Piface

2017/11/06 (Mon) 23:26:29

高橋「肩出しの美知子って珍しいぞ」

千穂「美知子もスタイルがあっていいよね」

美知子「流石に私服がきついけど、今ならダンス服は問題ないわ」

工藤(そこのお姉さんがでかいけど…)

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/07 (Tue) 22:27:42

神崎「おいおい、このチームの右のエースは私でしょ?こんなちびっこには任せられないわよ」

工藤「あぁん?ただのでくの坊がえらっそうな口を叩きやがって…!その偉そうな口二度とたたけねーようにしてやろうか!!」

高橋「…じゃあ勝負で決着付けるか?」


その後報羅大学恒例の新入部員対決が行われたという…。

Re: やきゅう!第27回戦 - cobrac8nu

2017/11/07 (Tue) 23:29:10

清寧大学野球部では新体制が発足。
3年生の目黒が新主将に就任して背番号10を引き継ぎます。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/09 (Thu) 22:47:20

笠原「引退試合、明後日になったぞ。久しぶりで腕が鳴るな」

南「練習は怠らないようにしているとはいえ、やはり試合をしないと体が鈍りそうだな」

桜井「後輩たちに『先輩の威厳』見せなきゃね」

Re: やきゅう!第27回戦 - Piface

2017/11/11 (Sat) 23:02:53

琴美、マリナは帰省に…

マリナ「美純、久しぶり、アメリカ以来なんだよね。美知子と千穂は?」

美純「美知子はほかの用事があって来ないはず」

マリナ「ああ、そうか。」

琴美「ここは楽しそうよね。私は体を動きたいし。ノックでもするか」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/12 (Sun) 00:03:33

さて、始まりました吉瀬替高校引退試合。

まずは3年生打順

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/12 (Sun) 00:04:08

続いて現役チーム打線

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/12 (Sun) 00:22:57

高橋「引退試合始まったぞ」

浅田「今日はオフの休みだから、ここに来てみたけど。私たちがここを卒業してもう2年経つのか~。時が経つのって早いね~」

高橋「今年の3年生は私たちも覚えがある連中だから、その時のことも思い出すな」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/12 (Sun) 22:20:34

先攻は3年生チーム。

1番はドラフト指名を受け沖縄へ入団予定の桜井。

昨年度は打線の中軸を、今年度はリードオフマンを担いチームの得点力の源でもあった。

高橋「あいつ確か、1年の時にめっちゃ練習してたやつじゃないか」

浅田「あ~、とりあえず捕手の練習とか、外野の練習とかもしてたね~」

一方守備につく現役生チームの先発は小浜。

キレキレのカーブを武器に今年からエースを担う彼女は、今年度の甲子園準決勝に進出した打線に対してどう戦うのか。

Re: やきゅう!第27回戦 - Piface

2017/11/12 (Sun) 22:30:59

西山「あなたは本読みタイプとか全く思わんぞ」

高島「意外かな?むしろ練習休みの時は本読みとか1番最適だし。」



Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/12 (Sun) 22:39:23

桜井はセンター後方へツーベースヒットを放ち、強さを見せつけます。

続くは2番古河。甲子園出場決定後に2番へ抜擢され、「恐怖の2番」として暴れまわった。

浅田「あの子のお母さん、野球部に入るの反対してたって聞いてたけど、この調子だったら大丈夫みたいだね」

この打席ではライトフライに終わるが、桜井は悠々とタッチアップ成功し、一死三塁。

続くバッターは…。

浅田「いよいよ私の後輩だね…♪」

高橋「まさかあの子も札幌に指名されるとはなぁ」

札幌にドラフト指名され、入団予定の南だ――――

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/12 (Sun) 22:47:42

3番は吉瀬替高校甲子園準優勝の原動力ともなった豪打強肩俊足の外野手、南。

浅田「う~ん。私たちの現役だったころのイメージだと…」

高橋「吉瀬替のファンタジスタだよなぁ…」

浅田「私たちの頃の選手で例えると誰みたいなタイプなんだろ?」

高橋「もうちょっと外野守備が上手い芽衣って感じだな」

浅田「なるほど」

南、プロ入り確定選手としての貫禄を見せつけながら打席へ。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/12 (Sun) 23:29:52

小浜、1球もストライクに入らず、0-3のカウントに。

ストライクを狙いに行った打球を南は見逃さなかった。

南「私がプロに行くなど、1年生の頃の私に言っても想像すらできない…。だが、私は変わった」


南「浅田先輩。先に待っていてください!そこに必ず私は這い上がる…!!今よりもさらに研ぎ澄ませたバッティングで!!」

浅田「っとぉぉ!?」

高橋「まさにストライクだな。なんつーバッティングコントロールだよ」


桜井、南が帰り2得点。

その後笠原、月宮を凡退にして1回表を終える。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/13 (Mon) 22:34:15

続く1回裏の現役生チームの攻撃に備えるのは、夏まで背番号「1」を背負い先発した大崎投手。

現役生チームの1番は期待のバッター笠原小孝。

笠原「すみませんが先輩、打たせてもらいますよ!」

1-2といいカウントから放たれた4球目を外野へ運び、安定のツーベースヒット。

これには小道も満足げ。

小道「落ち着いていけー」

大崎「ニヤニヤしないでよ!」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/13 (Mon) 22:45:07

続く2番奥江は送りバントを決めて一死三塁。

続くは甲子園にもベンチ入りした風見。

高橋「おい……あいつって……」

浅田「う、うん……あの人の…」

そう、彼女は「魔王の系譜」だった。

鋭いフルスイングはファールながらスタンドを大きく超える打球。

大崎「ふぃ~…なんって球。引退試合なのに全然気が抜けない」

風見「私たちでもやればできるってことを証明するんです」

しかし、今年エースとして躍進した右腕は臆することなく投じた。

そのボールは…。


高橋「ナイスボール…!!」


まっすぐのストレート、三振だった。

そして高知の明日香萌投手を意識したこのウィンク!

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/13 (Mon) 23:14:43

1回裏の次の打者、4番金塚をレフトフライに仕留め、2回表はレフトの二刀流クローザー二葉佐薙。

大学進学を決め、再び高橋美佳の後輩となった彼女。

高橋「あいつのシュートは目を見張るものがあるからな。うちに来てくれるって言ってくれて本当にうれしいな」

浅田「あの子確か1年目はストレートしか投げられなかったのに、成長したよね」

二葉はカーブを見事にセンターへはじき返して出塁。

しかし続くセカンド織田、キャッチャー聖跡が併殺と凡退。2回表が終了する。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/13 (Mon) 23:29:22

2回裏は5番ファースト葛葉をサードゴロ、6番伊集院を三振、7番古御門もサードゴロに仕留める。

サードの月宮は決して足は速くないが、その肩は外野陣と比べても謙遜のなく、深い位置に守りながらも内野ゴロに仕留めることが出来る。

たまに起こす痛恨のミスは記憶にも残りやすいが、こうしたファインプレーも記憶に残りやすい。


浅田「吉瀬替って代々サードにはこういう選手を置きたがるよね」

高橋「そうだな。アンジーもこのタイプだったな…」



手塚「なんだか私のことを言われた気がする…」←守備もうまく打撃は言わずもがなの吉瀬替OG三塁手

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/14 (Tue) 22:44:18

3回表の攻撃は、9番大崎は三振で再び1番へと回る。

桜井はセンター前、古河はレフト前へ運んで無死一二塁も、南はライトフライで進塁打。

ここで夏までの主将、笠原小道へとつながる。

浅田「小道は何気に1年生の頃からベンチ入りしてるよね」

高橋「あいつならプロに行けるだけの才能はあっただろうになぁ」


1年の頃からその打棒を注目され、満を持してキャプテンになった今年。

去年果たせなかった甲子園出場を胸に頑張った彼女は、野球から離れ「家業」に専念することが決まっている。


笠原「今日が私の最後の晴れ舞台だろうな…。絶対に打つ!」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/14 (Tue) 23:18:50

笠原は右中間へタイムリーヒットを放った!

桜井と古河は揃って三塁を回り、ホームへと帰還。

しかし笠原も二塁を回り、三塁へと向かうところで…。


小孝「おりゃああああああああああ!!!」ビシュンッ!


小孝からのレーザービームは、ストライク送球で三塁手の下へ!


小道「ぐっ!?」

風見「ナイス返球!」


まさかのアウトで、ランナー無しのツーアウトに。

続く月宮はピッチャーフライに倒れて、この回は終わる。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/14 (Tue) 23:43:38

3回裏。

笠原「投手交代!大崎に代わって、桜木!」

桜木は基本的に甲子園でも中継ぎとして登板。

しかし本来であれば先発もこなせるであろうほどのスペックはある。


浅田「お姉ちゃんには色々世話になったね」

高橋「そういや引退試合に姉と対決したんだっけな」


8番北、9番小浜は難なく打ち取り、1番笠原には粘られるも、三振に終わる。


桜木「うしっ!!!」

笠原「ぐぅっ、さすが先輩だ…!凄いキレの変化球…!!」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/15 (Wed) 22:31:48

4回表の攻撃は、二葉佐薙からの攻撃。

彼女をキャッチャーフライに打ち取り、7番織田。

苦難を乗り越えて這い上がった苦悩の吉瀬替ナインの1人であり、OGである今野が認めた吉瀬替の正二塁手である。

浅田「覚えてるよ!入団のとき、夏実がとても気にかけてた子だよね」

高橋「後釜を明らかに意識してたよな。隠してたつもりだったんだろうけど」


そんな彼女はバッティング以上にその素早いフットワークが魅力である。

三遊間にポテンと落ちた当たりでも、彼女には余裕のヒットである。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/15 (Wed) 22:47:29

聖跡を三振に抑え、4回表は無得点。

4回裏は2番奥江から。

奥江をファーストフライに。3番風見をショートゴロ、4番金塚を三振に打ち取ります。

浅田「美砂ちゃんのリードも安定してるよね」

高橋「足が速くていいな。あの頃の翔子よりも」

浅田「ひどい…!」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/15 (Wed) 23:19:11

5回表は9番のピッチャー桜木から。

笠原「バッター交代!バッター火野!」

彼女を控えに置けるのが吉瀬替の打線の強さの表れであるともとれる。

打撃に守備に縦横無尽に駆け回れる彼女は、吉瀬替では便利屋のポジションに落ち着いた。

彼女はレフト前へヒットを放ち、さらに盗塁で二塁に進む。

高橋「こんな高スペックな便利屋があるか!」

1番桜井は盗塁のためにあえて追い込まれたものの、なんとヒットエンドランをかまし、タイムリーヒット。

2番古河、3番南、4番笠原と続けてヒットを放ち、4失点。現在無死二塁。

小浜は無念の降板で後続に託す。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/15 (Wed) 23:28:53

続く投手は真壁。

5番月宮にヒットを打たれるものの、7番織田をゲッツーに仕留め、8番聖跡は三振にされてしまい、この回ようやく終わる。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/16 (Thu) 22:46:01

5回裏、なんとここで3年生チームは驚きの起用に出る。

笠原「ピッチャー交代! 古河!ピッチャー古河!」

小浜「えぇ!?古河さんピッチャーできたんですか!?」

笠原「実はこっそり練習していたんだそうだ。現役で投げることは叶わなかったが、その願いをここでかなえさせてやりたい」


ライトには桜木の代打に入った火野がそのまま入り、試合再開。

現役生どころか3年生たちからも実力が未知数の古河「投手」だが、5番葛葉は三振に、6番伊集院に代打西山が送られるも凡退。7番古御門も外野フライに倒れ、三者凡退で締める。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/16 (Thu) 23:20:59

6回表、火野からの打順。

ピッチャーは真壁から青砥にスイッチ。

伊集院の代打に入った西山がショートに、古御門がセカンドに回る。

何気に吉瀬替高校初のアンダースロー投手に対して、9番火野はうまく合わせてセンター前へはじき返す。

1番桜井も外野へ打ち、無死一三塁。ここで古河に代わり、バッター二葉真佑。

浅田「私たちの頃はあの子をリリーフにして、佐薙ちゃんをバッターにしようっていう計画もあったよね」

高橋「シュートを覚えてから、佐薙の方が変わったからな。何にせよ、どちらも報羅に来てくれるっていうんだから、これからは色々と層を厚くできるな」

二葉真佑は犠牲打となり、一死二塁。3番南、4番笠原が凡退に終わって1得点でこの回の攻撃を終える。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/16 (Thu) 23:36:48

6回裏にはリーゼが登板。

守備は二葉真佑が捕手として守備に就く。

捕手の聖跡の打順にリーゼが入った。

彼女の人を食ったような緩急で相手のタイミングを外すピッチングに、8番北の代打で入ったシルヴァ、9番青砥、1番笠原が凡退で倒れる。

高橋「去年は確かこいつが抑えだったな。留学生コンビのリレーが見れたんだよ」

浅田「そういやあの子のチェンジアップすごいね!滅茶苦茶遅くなるじゃん」

高橋「『レイジングサン』って言うんだってよ」

浅田「美佳が『ムーン』であの子が『サン』か~」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/17 (Fri) 22:43:27

7回表の攻撃、5番月宮に代わって黒井。

3年間控え野手であったが、彼女の足は一定の信頼感を得ていた。

一方投手は青砥から牛田にスイッチ。青砥はそのまま捕手へ。牛田はシルヴァ(北)の打順に入る。

黒井は粘ったものの三振に。6番二葉佐薙もライトフライに終わったところで驚きのコール。

笠原「代打、足立!」

マネージャーであった彼女も打席に立つというのだ。

桜木「私の姉もやったやつね」

足立は三振に終わったものの、影でチームを支えてきた彼女には温かい称賛が送られた。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/17 (Fri) 23:02:23

そしてついにクローザーの登場。

二葉佐薙が投手へ。黒井がレフトの守備に就き、サードに火野が入る。

そして空いたライトには初めての打撃から初めての守備に就く足立。

二葉佐薙は2年次から先発として新に継ぐ2番手として活躍し、3年生にはクローザーを務めた。

そのシュートの切れ味は龍と同一視され、「ドラゴンシュート」と呼ばれた。


2番奥江、三振。
3番風見、三振。
4番金塚、三振。


3年生チーム対現役生チームの試合は、8-0という圧倒的な点差で幕を閉じた。

Re: やきゅう!第27回戦 - tngr

2017/11/18 (Sat) 00:35:31

金塚「ついに野球部引退なんですね…寂しくなります。」
大崎「吉瀬替野球部は永久に不滅でーすってか!」

金塚「そういえば進路はどうするのですか?」
大崎「大学かなー…ドラフト駄目だったし。」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/19 (Sun) 20:01:46

引退試合の興奮も冷めやまぬ中、まだ野球がし足りない火野さんが、小浜さんに挑戦状をたたきつけた!


火野「試合を申し込みます…!私たち、『サーヴァンツ』の底力を見せてあげるわ!」

小浜「いいでしょう!返り討ちにしてあげますよ…!」

Re: やきゅう!第27回戦 - cobrac8nu

2017/11/20 (Mon) 07:30:53

新型プロテクター試作品
モデルは海山重工・野川絹恵

※下掲データはレガース部分を含みます。膝部分はポーズに合わせて位置調節してください。

59**jf6.21.21.36_jg6.21.21.36_s0016.21.21.21.2.5.170.680.345.0.10.0.100.1.61_s0116.21.21.21.1.5.170.680.345.0.10.0.100.1.61_s0214.58.58.43.1.175.345.665.714.2.4.1.250.1.60_s0317.58.58.60.2.45.0.500.699.2.8.0.90.2.60_s047.58.58.55.0.60.302.610.695.2.11.1.225.1.61_s057.58.58.55.0.120.289.633.574.2.11.1.275.1.61_s060.58.58.56.1.5.0.500.520.2.11.0.100.2.61_s070.58.58.56.1.25.0.500.546.2.11.0.125.1.61_s080.58.58.56.1.50.0.500.577.2.11.0.125.1.61_s090.58.58.56.1.61.0.500.609.2.11.0.125.1.61_s100.58.58.56.1.70.0.500.641.2.11.0.125.1.61_s1113.58.58.59.2.18.0.500.679.2.6.1.160.1.60

Re: やきゅう!第27回戦 - 名無し22号

2017/11/20 (Mon) 22:58:35

「……今後を考えながら、何も考えず歩いていたらえらいもんを見つけてしまったな
こうも傾いた木は……間違いなく、人為的な物」
「何処にもくれてやれるか……王座奪取と暴走の二つを
成しえれる可能性の救世主がいる……!」

工藤桐子が見つけた物、それは明らかに「人為的に斜めに生えた樹木」であった。
これをやってのけた人間がいるというなら
それは王座奪取と高柄楓の暴走気味になった部分のブレーキ
二つを成しえる「救世主」にも近い神がかり的人材がいるという確信になった───

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/20 (Mon) 23:01:07

メイド軍団「ロイヤリティサーヴァンツ」と、吉瀬替高校の新チームの戦いが開幕した。

先攻はサーヴァンツ。相手するのは今年からエースになった小浜。

小浜は武器であるキレのいいカーブを武器にサーヴァンツ打線を封じ込める。

ヒットを打てたのは火野、赤城姉妹が単発で放っただけで、0が重なっていく。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/20 (Mon) 23:08:09

一方吉瀬替高校打線は、加賀のピッチングに対して要所で抑えられながらもすこしずつとらえていた。


しかし加賀はここぞという場面での気迫で得点を許さない。


その気合はどうやら野球選手としての気合というよりも「また違った何か」が見え隠れしている気がした…。

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/20 (Mon) 23:13:23

先制したのはサーヴァンツの方だった。

火野さんにヒットを打たれ、送られると、4番伍代さんがタイムリー!

吉瀬替高校のOGが現役生に放った一打が厳しい1点となった。


伍代「やりましたわ…!」

火野監督「さすがですお嬢様」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/20 (Mon) 23:26:07

ところが吉瀬替高校は最終回に詰め寄る。

下位打線からスタートした攻撃だが、7番古御門から代わった西山がヒット。

8番北に代打シルヴァが送られてツーベース。

さらに9番青砥が四球で進塁し、満塁の大ピンチ!

ここにきて1番笠原。

火野監督「ここは由良ちゃん行っておきましょうか?」

加賀「ま、待ってください…!翠にこの場面は…」

火野監督「変えられたくないなら、ここでどうすればいいかはわかるわね?」


ここにきて加賀はさらにデッドヒート!!


笠原を三球三振、奥江も初球でピッチャーフライ。

大チャンスだったはずの吉瀬替のチャンスは一瞬にしてピンチへと変わり、バッターは3番風見。

Re: やきゅう!第27回戦 - Piface

2017/11/20 (Mon) 23:37:54

黒部「もしかして、あのコートは男性用じゃない?」

美知子「そうよ。どうしても女性のコートが似合わないから男性用を買ったの」

Re: やきゅう!第27回戦 - PPD

2017/11/20 (Mon) 23:41:42

風見「こんな『首も回らない』ようなチームに、負けられるかっての!!」


風見は10球もカットして粘り、最終的にはセンターへぽとりと落ちるヒットを放つ。

そして吉瀬替打線の好走塁。

西山とシルヴァの全力疾走でホームに返り、逆転サヨナラタイムリーとなった!



ロ 000 010 0  1
吉 000 000 2X  2

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.